リノベーションを行う際は、管理規約を熟読しましょう

マンションの管理規約を読むこと、トラブル防止!

 

マンションのリノベーションが盛んに行われるようになって久しいですが、気軽にできるものと、そうでないものがあることはご存知でしょうか。

 

中古マンションのリノベーションを自分の采配で行う場合には、まず最初にマンションの管理規約を熟読することから始めましょう。

 

マンションの部屋には共用部分と専有部分の明確な区分わけがあります。

 

一例をあげますと、窓枠から外側は共用部分で弄ってはいけないとか、壁も部屋のレイアウトを変えたり広げるためにぶち抜けるものと、
穴もあけてはいけないマンションの躯体コンクリート部分があったり(耐震構造などのために動かせない部分)、上下水道の配管の区分(共用部分と専有部分の境界)など、細かく規定されていて、それを遵守したプランでないと、そのマンションの管理組合・管理会社の許可そのものが下りない可能性が高いのです。

 

分譲マンションだからと言って、部屋の内外全てを自分の自由にできるわけではありません。

 

住み始める前からトラブルを招くような工事は行うものではありません。
きちんと適正な工事のプランを制作して関係各所の許可を取り、
周囲のお部屋をはじめとする住人らへの告知や工事車両の駐車スペースの確保など、段取りを踏んで進めていかなければなりません。

 

これから長く住む快適な環境と生活のためにも、建物に関する詳細な規約と、
工事を執り行うための手続きに関する部分はきちんと守って計画を進めましょう。

 

 

>>マンションは売るのとリノベーションをするのとどっち?へ戻る