リノベーションで耐震性能を上げよう

耐震性能について

 

住まいには、できるだけ長く留まっていたいという人も多いことでしょう。

 

家には思い出が詰まっていますし、周辺環境のいいところなら、なおさら離れたくないものです。

 

しかし、建物はすべて、消費財としての一面を持っています。年月が経過すると共に、色々な箇所が劣化し、弱くなっていきます。

 

それらを放置したまま住み続けていれば、大きな自然災害が起きたときには、倒壊の危険性すら考えられるのです。

 

それでも住み替えを行いたくない場合には、古くなった家にリノベーションを施しましょう。

 

この言葉を聞くと、内装工事を思い浮かべがちですが、補強工事などを行い、災害に耐えうる強度を新たにつけるのも、
立派なリノベーションなのです。

 

そもそも家というものは、その時代に合わせた建築基準で建てられているものです。

 

そのため、激甚災害が多発している現在においては、以前の基準で作られた家では、耐震性能に不安が残ります。

 

とくに災害後に全壊判定を受ける家は、1階部分が広く、柱が細く少ない日本家屋が多く見られます。

 

このような家は、真っ先にリノベーションを行い、人命と財産を守る処置を行うべきなのです。

 

リノベーションを実施する際には、きちんと技術と実績のある工務店などを選び、悪徳業者とは関わらないようにしましょう。
地元の口コミや、インターネットで調べるなどすれば、より効果的です。安心のリノベーションで、住み慣れた家を災害から守っていきましょう。

 

 

>>マンションは売るのとリノベーションをするのとどっち?へ戻る

関連ページ

中古マンション購入時にリノベーションを行うメリット・デメリット
中古マンション購入時にリノベーションを行うメリット・デメリットについてご紹介!