マンションは売るのとリノベーションをするのとどっち?

マンションは売るorリノベーション

 

マンションは、身近な住まいであると同時に、大切な資産でもあります。

 

そのために、常に資産価値というものを見据えて行動しなくてはなりません。

 

少しでも価値を維持するために、日頃のメンテナンスなど、大事に使うことこそが肝要なのです。

 

しかしそれでも、時間の経過と共にマンションは古くなり、資産価値も下落していってしまいます。
その際、とられる行動というのは、大きく2つに分かれます。

 

それは、これ以上売却価格が下がる前に売ることと、資産価値の回復を図るためにリノベーションを行うことです。
これは、どっちを選ぶべきなのでしょうか。

 

売ることについて

 

家を高く売る方法について解説したサイトを参考にしてもらえばわかりますが、
すぐに売る場合には、本当にこれから下がる一方で、上昇する見込みはないのかを、よく検討しなければなりません。

 

※記事はかなり需要です・・・

 

たとえば、近くに商業施設が建設予定だったり、高速道路のインターチェンジが開設されたりといったことは、ないでしょうか。

 

優れた施設や、交通網の改善は、周辺の土地や建物の資産価値を、大きく上げます。

 

もし、それらを無視して焦って行動すれば、結果的に得られるはずだった利益を失うことになりかねないので、
周辺の環境の変化に、よく気を配って行動しましょう。

 

リノベーションを行う場合には、対費用効果というものを考えるべきです。

 

工賃をかけてまで、ここに留まる意義はあるのか、施工前に今一度、冷静になってよく検討しましょう。
そのマンションや土地に愛着があり、長く住み続けたいのならば、リノベーションは有効な手段となります。